千手観音像

行徳33ヶ所観音札所は元禄3年(1690)、
本行徳徳願寺10世覚誉上人によって創設された。
覚誉上人は観音像33体を作り、
1体を徳願寺に32体を32ヶ寺に安置したとされる。
善照寺は24番札所で、この千手観音がその時安置されたものといわれている。
1998年に修復、願文なし、仏師名なし。
 

ホームページに戻る

 
     
 
The First Virtual Temple in Japan since 1995.12

2002.03.20更新