五智如来


 青暘山善照寺は寛永二年(西暦1625年)、青山四郎兵衛正貞の寄進により覚誉潮 随上人によって建立された。五智如来は青山四郎兵衛正貞の子息である青山四郎兵衛 吉貞によって万治元年(西暦1658年)2月15日に青山家有縁の諸霊の供養ために建 立されたものである。
元来、善照寺墓地中央に安置されていたが、平成二年(西暦1992年)2月15日墓地 整理のために現在地に遷座。




向かって右側から

 

阿しゅく如来   大円鏡智(現実世界の全てものを映し出す智慧)

方位

   
  持物 金剛    
  手印契 触地印    
           
宝生如来   平等性智(現実世界の全てのものが平等であることを知る智慧)

方位

   
  持物    
  手印契 与願印    
           
大日如来   法界体性智(統合された智慧、他の四智として現れる)

方位

   
  持物 五鈷    
  手印契 智拳印    
           
阿弥陀如来   妙観察智(現実世界の全てのものを正しく見極める智慧)

方位

西    
  持物 蓮華    
  手印契 定印    
           
不空成就如来   成所作智(現実世界の全てのものを活性化する知恵)

方位

   
  持物 羯磨    
  手印契 施無畏印    


寺院概要に戻る

     
 
The First Virtual Temple in Japan since 1995.12

2002.03.20更新